• Patchees

自律神経を整えると体温調節やアレルギーさえも

自律神経は、ホルモンと並び身体の二大調節機構です。体温を調節したり体内時計を調整したり、更には内臓機能を整える重要な役割を担っています。これらのバランスが狂ってしまうと免疫機能が下がり花粉症やアレルギーなどの症状に悩まされることになります。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていて、どちらも日常生活に置いて役割がありますが、ストレスや免疫機能を高めるには副交感神経を優位に立つ生活リズムを考えましょう!言葉では簡単の様ですが、現代社会ではなかなかうまくいかないのも事実です。ではどうしたら自律神経を整えることが出来るのでしょうか?


答えは、ライフウェイブ・イオンパッチです。交感神経は、緊張モードの神経あり一方副交感神経は、リラックスモードの休息の神経です。イオンパッチは、開発者によって、「ストレスと炎症」を軽減するために特定の経穴(CV6)を穏やかに刺激するユニークで新しい有機ナノスケールパッチとして設計されています。ライフウェイブの特許取得済み非経皮パッチ技術の予備的な臨床研究は、このパッチが緩和反応を誘発した結果として、適用から10分以内に自律神経系(ANS)にバランス効果を発揮し始めることを示しました(穏やかでストレスのない身体状態を作り出す)。赤外線サーマルイメージングは​​、このパッチが、健康な組織やDNAにダメージを与える可能性があるC反応性タンパク質を減らすことによって炎症を軽減することを示しています[製造元の未公開データ]。心拍数変動(HRV)信号は、心拍数(HR)の心拍毎の変動を指し、HRの周期的な変化を表します。 HRはANSの副交感神経および交感神経の両方の入力により調節されるので、HRVは異なる生理学的条件下での自律神経調節および制御の間接的および非侵襲的マーカーとし利用する事が出来ます。是非お試しください。



427回の閲覧

© 2007- 2019  by Kananyoko ,Inc